遠藤彰子 展

池田20世紀美術館

poster for 遠藤彰子 展

このイベントは終了しました。

遠藤彰子氏は東京都中野区に生まれ、1968年武蔵野美術短期大学を卒業、相模原市にアトリエを構えます。森の鳥や兎など自然との出会いは、喜びと驚きと感動となり、『楽園』シリーズが生まれました。1975年、長男の急病を期に、日常が一瞬にして暗転してしまう予測のつかない現実であることを実感。社会や人間をテーマに「街」シリーズを描き始めます。1978年昭和会展林武賞、1986年安井賞を受賞。同年、文化庁芸術家在外派遣研修でインドを旅します。人間存在を見つめ、人生と生命、新しいイメージの世界へと創造の表現は、500号の大画面へ展開していきました。2004年府中市美術館、2006年茨城県つくば美術館、2007年網走市立美術館で個展を開催し、1000号、1500号の大作を発表。2007年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しました。
本展では、現在から初期までの作品31点を展示し、満ちゆく生命を圧倒的な迫真力で謳う、遠藤彰子の世界を展覧いたします。

メディア

スケジュール

2008年10月02日 ~ 2009年01月06日

アーティスト

遠藤彰子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use