「乙女のイコン」 展

弥生美術館

このイベントは終了しました。

当館は、高畠華宵や蕗谷虹児、加藤まさを、中原淳一などが描く、抒情画と呼ばれる少女画を多数所蔵しております。大正〜昭和期の少女雑誌の表紙・口絵・挿絵などに描かれたその少女画は、当時の乙女達を魅了し、イコンにおけるマリア像のように聖化され、愛されました。
潤んだような大きな瞳、花びらのように愛らしい唇、時にはかなく可憐に、時に艶やかに描かれた美しい少女達。大正ロマンと昭和モダンを表出したその少女画は、数十年を経た現代の乙女達をも魅了し、心ときめかせています。
本展では、竹久夢二に始まる大正〜昭和期の挿絵画家の作品から、少女雑誌に花開いた乙女達にとってのイコン(少女画)の魅力をご紹介いたします。
また、イコンとして昇華された各画家の少女画の特徴を図像学(イコノグラフィ)的にとり上げ、社会的・文化的背景を見つめながら大正・昭和期の乙女像を浮き彫りにいたします。

関連イベント
-ギャラリー・トーク: 8月10日 (日) 14:00〜

-甲斐みのり先生のトークショー & サイン会
日時: 8月23日 (土) 18:00〜20:00
場所: 弥生美術館 1階展示室
参加費: 500円
*要予約。電話予約の上、当日清算。清算時に整理券をお渡しいたします。

メディア

スケジュール

2008年07月04日 ~ 2008年09月28日

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use