「イギリスゆかりの日本洋画」展

静岡県立美術館

poster for 「イギリスゆかりの日本洋画」展

このイベントは終了しました。

島国イギリスは、欧州の文化史において独自の地位を確立し、育んできました。それは絵画においても例外ではなく、とりわけ近代風景画の分野での美術史への貢献は大きなものがあります。さて、近代日本にも、そうしたイギリス絵画への強い憧れを抱いた一群の画家たちがいました。17世紀以降の風景表現を収集する当館において彼らの作品はコレクションの重要な要素となっています。今回の収蔵品展は、イギリス美術を紹介する「十二の旅」展にちなみ、三宅克己、栗原忠二らの作品を中心にイギリスゆかりの日本洋画を紹介します。

関連イベントも開催します。詳しくはHPお訪ねください。

メディア

スケジュール

2008年09月09日 ~ 2008年10月26日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use