南川史門 「ピンクとブラック、戦争と平和」

MISAKO & ROSEN

poster for 南川史門 「ピンクとブラック、戦争と平和」

このイベントは終了しました。

今回の展覧会で南川は、「戦争と平和」をテーマに掲げています。具象的なモチーフと壮大なテーマは、空洞化するためだけに使用されています。コンテンツはあくまでも自己を投影し、喪失するための道具に過ぎないのでしょう。
TVで常に報道されているニュースには、単純な情報とともに社会的なニュースが多くみられます。こういった場面を目にする状況から、南川は、自分がリアリティーと非リアリティーの中に生きている事を意識し始めました。それはニュースに含まれているような世間の出来事が悪かろうが良かろうが、ビジュアルを通しての印象が先行してしまう矛盾点に着目しました。しかしそれはメディアがなかったら知る余地も観る事もないというリアリティーでもあり事実なのです。
そうした意識の中で南川は、身近で起こっているにも関わらずしっかりと言い表せない現実との距離感を日記のように描き止める作業を続けてきました。それと同時に、描く構図、モチーフは絵画独自の問題であることにも気がつきました。そうして目にしたビジュアルや事実が絵画により表現されどんどん抽象化されて行きました。新作はこういったエピソードから生まれていきました。今回は新作絵画を発表いたします。

オープニングレセプション: 4月14日(月) 18:00〜20:00

[画像: 「ピンクのネクタイとニュースキャスター、水玉」(2008) Acrylic on canvas 73 x 60.5cm]

メディア

スケジュール

2008年04月14日 ~ 2008年05月25日

アーティスト

南川史門

Facebook

Reviews

Vicente Gutierrez tablog review

Confronting the Persistent Flicker of the Television

Shimon Minamikawa's work addresses society's saturated relationship with the media.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use