「オン・ユア・ボディ」展

東京都写真美術館

poster for 「オン・ユア・ボディ」展

このイベントは終了しました。

〈身体〉にまつわる問題は、仮想的空間が強まる現代にあって、逆にますます現代人を捉えて放さないテーマです。当館では、そうした現代写真・映像・美術の最先端を、様々な角度から検証している新進作家たちに焦点をあてた「オン・ユア・ボディ」展を開催いたします。出品アーティストは'07年度コニカミノルタフォト・プレミオ特別賞を受賞した朝海陽子、数々の賞を受賞し、'07年よりニューヨークに拠点を構え、活発な制作活動を展開する澤田知子、写真とホログラフィで独自のスタイルを確立した塩崎由美子、第33回木村伊兵衛写真賞を受賞した志賀理江子、写真作品にとどまらず映像作品にも挑む高橋ジュンコ、コンセプチャルな作品で定評のある横溝静という面々です。彼女たちによって浮かび上がる日本の「今」を是非ともご覧ください。

関連イベント(トークや講座など)も開催します。詳しくはHPご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年10月18日 ~ 2008年12月07日

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Ghosts in the Lens

Lieko Shiga's photographs are a haunting vision of the world. The artist talks to TAB about communication, time and death.

Olivier Krischer tablog review

Bodies of Portraiture

The Tokyo Metropolitan Museum of Photography presents the work of six female Japanese artists under the theme of the body.

Ashley Rawlings tablog review

レンズの中の幻影

志賀理江子さんの写真は、脳裏に焼きつくような不気味な世界観を映し出しています。今回は、その志賀さんにコミュニケーション、時間、そして死について語っていただきました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use