塩川彩生 「鏡の中の影」

キドプレス

poster for 塩川彩生 「鏡の中の影」

このイベントは終了しました。

塩川彩生は1978年神奈川県に生まれる。 幼い頃から一人じっと物思いに耽る大人しい少女だった。絵を描きながら、想像と現実の世界を行ったり来たりして遊んだ。

「どこから生まれて来たの?」という問いに、母は「お母さんのおなかの中よ。」と教えてくれたが、それは彼女の本当の疑問の答えではなかった。「そのもっと前は、どこにいたの?」 以来、その謎は彼女の胸の内で大きく成り、今日では制作テーマの主軸とも成っています。

塩川は「絵の中に表現される世界は、鏡の中の世界に似ている」と言います。虚像の世界でありながら、実際には見ることのできない自分の姿までもが映し出される鏡の世界。重力も時間の束縛もない理想化された自らの精神世界をそこに重ね、虚構の世界に存在するもう一人の自分にリアリティーを覚えます。それと同時に、現実の世界に存在することの不確かさを問い直すのです。 そのありのままを感性豊かに、「心を映し出すもう一つの鏡=絵」の中へと視覚的に繊細に描き出していきます。日本の木版の技法から生み出されるその世界観は、包み込むような温かさと淡く優しい光に満ちた世界を私たちに示してくれます。
 
本展覧会では、版表現を用いた平面作品を数点出展いたします。

メディア

スケジュール

2008年11月29日 ~ 2008年12月27日

オープニングパーティー 2008年11月29日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

塩川彩生

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use