ジェラティン 展

小山登美夫ギャラリー

poster for ジェラティン 展

このイベントは終了しました。

オーストリアのアーティスト集団ジェラティンは、1993年以降、様々な問いかけを孕んだ参加型プロジェクトを行い、話題を呼んできました。「アイデアは退屈から生まれる」と語る彼らの作品は、子供の遊びの延長線上にあるようなユーモアを感じさせますが、それを裏打ちしているのは従来のアート・マーケットや現代のライフスタイルに対する鋭い視線に他なりません。それらは日用品などのごくありふれた物を用いて再構築され、一種の怪奇美をもって鑑賞者の前に提示されます。

昨年の「パリ、ルーヴル」展ではルーヴル美術館へのオマージュを兼ねて、その所蔵品やルーヴルという存在自体を問う試みがなされ、古代の柱はトイレットペーパーに、考古学的遺物はチーズとキャラメルに転換されました。ダダイスムを支えた反ヒエラルキーの精神は、社会、政治、性の構造を再解釈しようとするジェラティンのアナーキーな情熱のなかに脈々と受け継がれています。鑑賞者である我々は、究極的に自由な表現を追求することや、想像の楽しさを決して忘れないことの重要性に、改めて気づかされます。

(メンバーの一人、アリからのEメールより)
「人なつこい女性が、えも言われぬ雰囲気で富士山の前に佇んでいる。彼女は別府温泉で和やかな休日を過ごしていたが、地元の動物園で苦渋の日々を送っていたカンガルーに恋をした。富士山は頭髪の上にそびえ立ち、彼女は富士山を帽子のごとくかぶっている!というのが、プラスチシン(塑像用粘土)・ペインティングの一つに描かれるストーリーです。今回の展覧会ではプラスチシン・ペインティングや小さい彫刻の他に、我々の解釈による、龍安寺的な、ドスンと来る感じの、独自解釈な仏教インスタレーションも展示する予定です。」

一体どのような展覧会になるのか、お騒がせアーティストの日本初個展を、是非お見逃し無く。

メディア

スケジュール

2009年04月11日 ~ 2009年05月09日

オープニングパーティー 2009年04月11日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

ジェラティン

Facebook

Reviews

mkok: (2009-04-11)

long looooong-waited for such an awesome exhibition!

AdamRamone: (2009-04-12)

面白すぎます!
パフォーマンスがある土曜日に行くことをお勧めします。
http://d.hatena.ne.jp/AdamRamone/20090412/1239544935

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use