「THE ハプスブルク Treasures of the Habsburg Monarchy」展

国立新美術館

poster for 「THE ハプスブルク Treasures of the Habsburg Monarchy」展

このイベントは終了しました。

日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)とが国交を結んで140年の節目にあたる今年、ウィーン美術史美術館(オーストリア)とブダペスト国立西洋美術館(ハンガリー)の所蔵品からハプスブルク家ゆかりの名品を核に選りすぐり、絵画の至宝75点に華麗な工芸品を加えた計約120点を展覧する大規模な美術展を開催いたします。

ヨーロッパに600年以上君臨したハプスブルク家の歴代の王たちは、芸術を庇護し、愛し続けました。本展では、宮廷画家として活躍したデューラーやティツィアーノ、ベラスケス、ルーベンスらハプスブルク家ゆかりの巨匠たちに、クラナッハ、ラファエッロ、エル・グレコ、ゴヤらを加えた、総勢約50人もの大家たちによる逸品が集結します。イタリア絵画、ドイツ絵画、オランダ・フランドル絵画、スペイン絵画の代表作を紹介する本展は、16世紀から18世紀にかけての西洋美術の系譜と真髄をたどる絶好の機会となるでしょう。また、ルドルフ2世の宮廷芸術家だったミゼローニの工芸品や、皇帝が実際に装着した甲冑や盾などは、ヨーロッパ貴族の華麗さと剛健さを伝え、展覧会に彩を添えます。

さらに、明治天皇からオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に贈られた画帖と蒔絵棚が特別出品されます。両国との友好の歴史を象徴するこの貴重な美術品は、国交樹立140周年を記念して、初めて“里帰り”公開されます。

関連イベントについては、展覧会HPをご覧下さい。

[画像: ディエゴ・ベラスケス 「白衣の王女マルガリータ・テレサ」 1656年頃 ウィーン美術史美術館蔵]

メディア

スケジュール

2009年09月25日 ~ 2009年12月14日

Facebook

Reviews

hemiol: (2009-10-05)

クラナッハ、ベラスケスをはじめ、これだけの名画をまとめて観られる機会はそうないでしょう。
あえて一枚挙げるとすれば、カニャッチの「自害するクレオパトラ」がよかったです。
http://hemiola.blog75.fc2.com/blog-entry-45.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use