「氾濫するイメージ 反芸術以後の印刷メディアと美術 1960's−70's」展

八王子市夢美術館

poster for 「氾濫するイメージ 反芸術以後の印刷メディアと美術 1960's−70's」展

このイベントは終了しました。

昭和40年代、情報化時代の到来とともに、主に印刷メディアを通して華々しく展開したビジュアルなイメージ。赤瀬川原平、粟津潔、宇野亜喜良、木村恒久、タイガー立石、つげ義春、中村宏、横尾忠則の8名による仕事から、600点を超える多量のポスターや装丁、挿画、絵画や版画等を通して多様なイメージの数々を展覧します。

第二次世界大戦の敗戦から20年。政府によって発表されていた所得倍増計画は、瞬く間に、その成果を示し、日本は驚異的な高度経済成長の真っ只中にありました。東京オリンピックを経て大阪万博の開催、私たちの生活はどんどん豊かになり、また、この時代は70年安保への反対運動が高まるなど、熱い政治の季節でもありました。そしてオイルショック後には、その熱気は冷め始め、経済も低迷し低成長時代を迎えます。本展覧会の背景となるのは、そんな時代です。

美術も時代に応じて熱い前衛的な動向が注目され、それまでの「絵画」や「彫刻」を否定した「反芸術」が登場しており、やがて色彩や図像が抑えられた、禁欲的な表現が拡がっていきます。その一方で、印刷メディアを中心に様ざまな表現が現れていました。このころ、色彩や図像・イメージの主流は「美術」より、出版やポスターなどグラフィック・アートやマンガなど、サブカルチャーにあったといえるのではないでしょうか。そこには、進歩した印刷技術と流通の上に立って開花した、優れた才能の存在がありました。本展覧会で紹介する8名の仕事から、時代と共にあったビジュアルイメージをお楽しみください。

[画像: 横尾忠則「バラ色ダンス ガルメラ商会ポスター」(1965) 国立国際美術館蔵]

メディア

スケジュール

2009年04月04日 ~ 2009年05月17日
5月7日(木)休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use