「フランスの浮世絵師ヘンリ・リビエール」展

神奈川県立近代美術館 葉山

poster for 「フランスの浮世絵師ヘンリ・リビエール」展

このイベントは終了しました。

アンリ・リヴィエール(1864-1951)は、19世紀末のフランス美術界でブームになったジャポニスムに深い影響を受けた画家・版画家です。北斎や広重らの浮世絵に心酔したリヴィエールは、浮世絵の影響を受けつつ、フランスの自然や都市の光景を見つめ、木版やリトグラフを中心に、多くの作品を生み出しました。波、雲、雪や風など、自然の微妙な表情をとらえた画面は、私たち日本人にとっても懐かしく親しみのある世界をつくりあげています。

これまで日本では、リヴィエールと言えば、北斎の「富嶽三十六景」にちなんで作られた「エッフェル塔三十六景」シリーズがよく紹介されてきましたが、それ以外の作品はあまり知られていません。実際、リヴィエールの作品の全貌は、本国フランスでもなかなか見ることができないでいたのです。2006年にリヴィエールの遺産を管理するヌフラール家が、フランス国家に多くのリヴィエールの作品と、リヴィエールが集めた日本の浮世絵版画などのコレクションを、遺産相続の物納という形で納めたことをきっかけに、その全貌を研究・公開することができるようになりました。そしてその浮世絵版画コレクションの研究に日本側が協力したことがきっかけで、この展覧会の企画が実現したのです。今回の展覧会は、リヴィエールの初めての本格的な回顧展です。

関連イベントに関してはサイト上でご確認下さい。

メディア

スケジュール

2009年09月05日 ~ 2009年10月12日
休館: 月曜日(ただし9月21日、10月12日は開館)、9月24日(木曜)

アーティスト

ヘンリ・リビエール

Facebook

Reviews

yoshihiroueda: (2009-09-26)

このアーチストは初めて知りましたが、浮世絵の構図色使いをフランスの風景にうまく生かしており興味深く鑑賞しました。今後日本で受けるアーチストだと思います。関連する作品との比較展示など展示方法も素晴らしいものがありました。
http://ryokan.exblog.jp/9002308/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use