智内兄助 展

ギャルリーためなが

poster for 智内兄助 展

このイベントは終了しました。

智内兄助(ちない きょうすけ)は1948年愛媛県生まれ。東京藝術大学大学院卒。1980年代初めから、和紙にアクリル絵具という独特な画法を確立し、日本画と洋画との境界を越えた革新的な表現方法に到達しました。日本の伝統美である衣装文様や花鳥風月を、もののあはれの情緒を漂わせ描く作風は、その技法とあいまって智内独自の幻想世界を創り上げました。古典の伝統から逸脱することなく、日本の美意識を斬新的な手法で捉える「洋画家」として、安井賞をはじめ、数々の賞を受賞し、現代画壇を代表する画家として揺るぎない地位を築きあげました。1992年毎日新聞・宮尾登美子作の連載小説「蔵」の挿絵を担当して以来、その人気と知名度が不動のものとなりました。

2002年、2004年には、ギャルリーためながフランスにおいて個展を開催し、大コレクターであるロスチャイルド家に蒐集されるなど、ヨーロッパの多くのコレクターを魅了しております。これを機に活躍の舞台を世界各地へと広め、パリ発表から5年を経た2007年、帰国後初の展覧会をギャルリーためなが東京にて開催。日本での未公開作品が披露され、成功裏に幕を閉じました。ここ数年は、花や山々という日本人の原風景に迫る自然界の描写に新境地を見出しており、日本内外で高い評価を得ております。新作を含め約40点をリニューアルした画廊に展示いたします。

[画像: 「蝶去来」 97×226cm]

メディア

スケジュール

2009年05月29日 ~ 2009年06月20日

アーティスト

智内兄助

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use