「ターナーから印象派へ 光の中の自然」展

府中市美術館

poster for 「ターナーから印象派へ 光の中の自然」展

このイベントは終了しました。

19世紀前半のイギリス風景画の巨匠ターナーは光の錬金術師といわれ、その光の表現は、フランスのバルビゾン派や印象派絵画の先駆けとなりました。コンスタブル、ラフェル前派のエヴァレット・ミレイ、ピサロ、ゴーギャンなどが描く、明るく輝きと色彩に満ちた大自然や、そこに生きる人々の喜びの表情を存分にお楽しみください。

[画像: エリザベス・アデラ・フォーブズ「ジャン、ジャンヌ、ジャネット」1891年頃 マンチェスター市立美術館蔵]

メディア

スケジュール

2009年11月14日 ~ 2010年02月14日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use