特別展「伊勢神宮と神々の美術」

東京国立博物館

poster for 特別展「伊勢神宮と神々の美術」

このイベントは終了しました。

伊勢神宮はおよそ2000年前に鎮座されたと伝えられ、皇室はもとより多くの人々の崇敬を受けてきています。そして飛鳥時代から20年に一度、正殿はじめ御装束、神宝を造り替えて、御神体を新宮に遷す遷宮が行われてきました。平成25年(2013)には第62回の式年遷宮が行われます。

本展はその式年遷宮を記念し、伊勢神宮の神宝をはじめ、『古事記』『日本書紀』などの古文書や、考古遺物、絵画、彫刻、工芸品から伊勢神宮の歴史と信仰、式年遷宮の様子、さらに遷宮による工芸の伝統技術の継承などをたどります。また、歴史と伝統に育まれた神道美術に光を当て、近年注目されている神像彫刻や神宮以外の神社の古神宝など、日本古来の宗教美術の精華を紹介します。

関連イベントや講演会も開催します。詳しくはHPご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年07月14日 ~ 2009年09月06日

Facebook

Reviews

taiyaki: (2009-07-27)

見応えのある展示です。音声ガイドが美輪明宏さん。知らない日本を、この機会に多くの方に知って欲しいです。
http://taiyaki100.blog12.fc2.com/blog-entry-672.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use