MAMアートコース09 第7回 「アートと知的財産権:クリエイティブ・コモンズの新たな役割」 

森美術館

このイベントは終了しました。

高度情報化時代を迎え、インターネットの活用方法もより能動的になり、また専門家・アマチュアを問わずに表現活動ができるようになりました。そのなかで、知的財産権は保護・強化され、著作権法も表現活動を制限してきました。この問題は作品の画像データを頻繁に活用する美術界でも重要な問題です。クリエイティブ・コモンズは、この情報の流通や知的財産の発展と支援を目指し、著作権を保持しながら一定程度の自由な利用を表示する著作権の新しい考え方を提唱した非営利団体です(2001年設立)。

本講演ではクリエイティブ・コモンズの発起人のひとり、ローレンス・レッシグ氏が、クリエイティブ・コモンズの概念とその発展、そして今後の可能性について語ります。

メディア

スケジュール

2009年05月01日 19:00~21:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use