池田亮司 +/- [the infinite between 0 and 1]

東京都現代美術館

poster for 池田亮司 +/- [the infinite between 0 and 1]

このイベントは終了しました。

日本の電子音楽分野の第一人者として、世界中から注目されている作曲家/アーティスト、池田亮司。絶えず人間の感覚能力とテクノロジーの臨界点に挑むような、洗練された彼の作品やパフォーマンスの数々は、今や音楽だけでなく建築、映像、ダンスといった表現ジャンルを超えて、幅広く大きな影響を与えています。

私たちの知覚する世界を、サイン波やピクセルといった「データ」の組み合わせとして捉え、それらを再編成することで、全く別の世界体験を作り出すこと。それ自体は不可視である「データ」を、音と光の関係性によって記述することに、池田はフィルムやビデオといった映像・音響作品を通して取り組んでいます。

本展では本格的個展として、大規模かつ精緻に構成された映像インスタレーションを中心に、新たな知覚領域を探求する彼の作品を展示いたします。

[IMG: data.tron [8K enhanced version]
© ryoji ikeda 2008, Commissioned by Ars Electronica Centre, Linz AT, Photo: Liz Hingley]

メディア

スケジュール

2009年04月02日 ~ 2009年06月21日

アーティスト

池田亮司

Facebook

Reviews

TABuzz tablog review

TABuzz #2 with Teppei Kaneuji

Our Guest Blogger gives their recommendations on what's hot in our new regular column.

TABuzz tablog review

TABuzz #4 with Yosuke Kurita

Our Guest Blogger gives their recommendations on what's hot in our new regular column.

Baba Shinichi tablog review

池田亮司 +/- [the infinite between 0 and 1]

東京都現代美術館 チーフ・キュレーター長谷川祐子氏にインタビュー

Yuya Suzuki tablog review

池田亮司展 +/-[the infinite between 0 and 1]

理論上の到達不可能性と概念上の到達可能性―0と1の間

donald_japantimes: (2009-04-10)

This fine art of zeros and ones
By Jeff Michael Hammond
Special to The Japan Times

Hasegawa says Ikeda's art "doesn't have any particular symbolic meaning; it is nonsignifying. He just wants to create a kind of matrix, or give the idea of the universe and infinity, for the visitor to simply enjoy. You can read whatever you like into the work ... "

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20090410a1.html

conon: (2009-04-16)

+と-、黒と白、あるのかないのか、どっちかだけどふかい
http://noricolumn.blog.so-net.ne.jp/2009-04-10

ssvibes: (2009-04-20)

円周率。あなたはなんて憶えましたか??
http://ameblo.jp/ssvibes/entry-10245856077.html

takatokyo: (2009-06-05)

maxhodges: (2009-06-08)

Ryoji Ikeda’s ‘+/- [the infinite between 0 and 1]’:
An Interpretation
by Max Hodges

...Review and description of Ikeda’s work tends to stop short of interpretation. Indeed, with regard to the meaning of Ikeda’s work, curator Hasegawa’s says that Ikeda’s art, “doesn’t have any particular symbolic meaning; it is nonsignifying. He just wants to create a kind of matrix, or give the idea of the universe and infinity, for the visitor to simply enjoy. You can read whatever you like into the work.”

But while Hasegawa seems to believe the exhibition amounts to little more than audiovisual eye-candy, this writer found many clear, masterfully crafted messages, and believes that taken collectively, Ikeda’s work has the same power and potential as any work of great art to be the catalyst for profound personal transformation...

http://www.maxhodges.com/2009/06/ryoji-ikedas-infinite-between-0-and-1.html

Nicely formatted PDF version here:
http://www.maxhodges.com/Ryoji_Ikeda_interepretation.pdf

utsushimi: (2009-06-09)

視る音の量感。触れてくる音の体重。
「ある」や「ない」は人間の中にだけ。

inostill: (2009-06-21)

10進法の数字が永遠にエッチングされているステンレス?版から始まり
映像化された数字+電子音なそれっぽいカッコイイインスタレーション。
アミノ酸配列っぽいATCGの高速再生とか。
電子音もノイズというよりはシャッキリ。
http://www.j-love.info/ino/archives/20090621__the_infinite_between_0_and_1.html

kico16: (2009-06-22)

研ぎ澄まされ、洗練された混沌。有の集合が生み出す無。それらが整然と並ぶ真白な空間の中を、裸足で漂うと、開放感以上に心地の良い、緊張を味わうことができる。

noriyo: (2009-07-25)

展覧会の後、「dataplex」のCD購入。で、ハマりまくり。
神業です。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use