Hisaharu Motoda Exhibition

hpgrp Gallery 東京

poster for Hisaharu Motoda Exhibition

このイベントは終了しました。

hpgrp GALLERY東京では初個展となる元田久治の新作展をご案内致します。元田は東京のランドマークである東京タワーや国会議事堂、または東京を象徴する銀座や渋谷といった都市風景を廃墟として描く作品を発表しています。私達は見慣れた風景を当たり前の日常として、あたかも不変的な事象として捉えがちですが、実はそれらはとても儚く、明日もそこにあるかどうかは誰にもわからないものです。2001年9月11日、NYのワールドトレードセンターは一瞬にして消えてしまいました。しかし、はたして元田の作品で描かれる廃墟は、破壊や崩壊と言ったネガティブなものなのでしょうか。既存の価値観から新たな価値感、新たな世界へと変貌を遂げる、建設的な一過程かもしれません。荒廃した風景の中の僅かな緑は、まだそこに時間が流れ、希望があることを伝えているようです。明日もそこにあるかわからない不安と、未来への憧憬とが混在する元田久治の新作展、この機会に是非ご高覧ください。

メディア

スケジュール

2009年07月31日 ~ 2009年08月30日

オープニングパーティー 2009年07月31日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

元田久治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use