「日本の現代美術はおもしろい」展

ハラ ミュージアム アーク(群馬)

このイベントは終了しました。

コレクションの中から日本のアートシーンを率いた作家達の作品を選んで展示いたします。美術の概念を拡散する60−70年代を代表した荒川修作、工藤哲己、李禹煥たちの世代から、2000年代の現在活発に活躍する森村泰昌、奈良美智、やなぎみわ、佐伯洋江まで、絵画と写真を中心に様々な作品を紹介。

メディア

スケジュール

2009年09月12日 ~ 2009年11月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use