柴田健治 「絵画」

タグチファインアート

poster for 柴田健治 「絵画」

このイベントは終了しました。

柴田は東京藝術大学在学中から一貫して、一見するとオーソドックスともいえるモノクロームの抽象絵画を制作してきました。それは微妙な色彩によって画面構成され、鏡面のように平滑で光沢のある表面を特徴としています。そうした絵画を実現するために試行錯誤のうえに彼が獲得した制作方法は、パネルに水張りしたアルシュ紙に油の吸収を抑えるためにニカワで下塗りし、それを支持体として限られた色数の油絵の具を流し込んで色を重ね、刷毛を用いてフラットな表面を構築するというものです。暗褐色や暗灰色、あるいは深緑色をたたえる茫漠とした画面には、ほのかに赤や青の色彩の気配が漂い、ときにある奥行きや光、風景のようなイメージ、イリュージョンを観る者にもたらします。静謐さをたたえた美しい作品は、高い完成度、緊張感をもって観る者を魅了します。

今回の展示は柴田健治のタグチファインアートにおける初めての個展となります。これまで支持体としてきたアルシュ紙に換え、キャンバスを使用した作品が初めて発表されます。絵画の豊かさや新しい可能性を感じさせる柴田の新作をぜひご高覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年03月14日 ~ 2009年04月11日

オープニングパーティー 2009年03月14日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

柴田健治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use