村山留里子 「色とマント」

山本現代

poster for 村山留里子 「色とマント」

このイベントは終了しました。

今回、山本現代では新作立体と、布の作品をご紹介いたします。
 
一見するとただ黒い布が吊り下がっているように見える新作はマントになっており、内側にびっしりとビーズ、リボン、造花、スパンコール、ボタンなど様々な色、質感、形で埋め尽くされています。

マントは防寒具として世界各地で着用され古い歴史を持っています。その後、権威を表すため豪華になり、ファッションとして発展しました。現在ではヒーローや超人などの英雄、または怪人、怪盗、魔法使い、ドラキュラなど正体不明の怪しい者を表現するために多く使われます。まるで主人を亡くしたマントに苔が生えるように、漆黒のベルベットの内面に溢れる色彩は、美しく怪しさを増し、浮かび立つ様はさながらきらびやかな亡霊のようでもあります。

一方、布作品は自身で化学染料を使用して染めた絹を細かく裁断し、縫い合わせるという単純な作業を延々と行い4m50cm四方の大きな布を、7000枚の破片から作り出します。色と色の衝突は見るものの視覚情報処理を麻痺させ、脳を混乱、もしくは動きを停止してしまうような圧倒的な迫力があります。

「過剰に装飾することでゼロにする」と村山が言うように、作品は度外れの密度を保ちながらも、情念から切り離された潔さを感じます。「奇麗」の集合体が華美にも不気味にも無にも感じられる作品を是非この機会にご高覧ください。

メディア

スケジュール

2009年05月16日 ~ 2009年06月13日

アーティスト

村山留里子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use