竹中美幸 「柔らかい風景」

アートフロントギャラリー

poster for 竹中美幸 「柔らかい風景」

このイベントは終了しました。

竹中美幸は、重層アクリル板に雫型の樹脂を用いたBOX型の作品と、水彩絵の具で描いたドローイングと、大別して2通りの表現方法で作品を制作してきました。

アクリル板に雫型の樹脂を用いた作品では、樹脂が光を反射したり透過したりすることで、アクリルの背後にある白いベースに光や影が落ちます。アクリル板に樹脂を用いた作品と同様に作品と作品の外とのつながり、作品のもつ空気を取り込むような柔らかさや繊細さ、その作品世界を竹中美幸は、「日常のなかの些細な空気感」、「不安な中に心地よさが同居する危うさ」と表現しています。

本展では、2000年以降に描いてきたドローイング作品と、新作のアクリル樹脂作品とを併せて一堂に展示します。その柔らかい空気感を是非体感してください。

[画像: 「春の宵」(部分) アクリル板、樹脂、水彩紙 h310xw310xd60mm]

メディア

スケジュール

2009年03月03日 ~ 2009年03月29日

アーティスト

竹中美幸

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use