「廃車のプライス展2009」

リビングデザインセンターOZONE

poster for 「廃車のプライス展2009」

このイベントは終了しました。

いま、環境活動の実践に社会の関心が寄せられています。

レディメイド委員会は、CO2減らすプロダクトをテーマに、省資源の実践と廃棄材の有効利用を目指す企画を展開しています。再生デザインや手法に関心の高いデザイナーらが集い、再生への提案を行います。昨年は、かつて大量生産された椅子をテーマに「Openプライス展2008」を開催しました。

今年は、廃車がテーマです。現在、日本全国の廃車数は年間400万台に及びます。自動車リサイクル法により各地で解体が行われていますが、再利用の難しい素材はそのまま廃棄されています。環境にやさしいハイブリッドカーへの”乗り換え”が叫ばれる一方、廃車という問題が潜んでいます。

本展では、30,000余点ともいわれる自動車部品の中から、あえて利用価値の低い材を使用し、デザインによって価値あるプロダクトへの再生を試みました。廃材を利用して、生活で使うプロダクトを提案します。

メディア

スケジュール

2009年09月17日 ~ 2009年09月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use