サンテリ・トゥオリ「命のすみか―森、赤いシャツ、東京」

スパイラル

poster for サンテリ・トゥオリ「命のすみか―森、赤いシャツ、東京」

このイベントは終了しました。

スパイラルは今秋、2009年9月9日(水)~27日(日)まで、フィンランドの映像作家サンテリ・トゥオリ(Santeri Tuori 1970-)の個展『命のすみかー森、赤いシャツ、東京』を開催致します。2008年にはニューヨーク近代美術館(MOMA)で、今年6月にはバーゼルのアートアンリミテッドでも展示を行ったフィンランドを代表するアーティストのひとりで、日本では初めての展覧会となります。

サンテリ・トゥオリは、ポートレイトや写真そして映像の関係に、常に新鮮なまなざしを向けてきました。法律を勉強しながら美術表現について学び、写真表現からスタートした彼の初期の作品には、盲目の男性が音によって認識するある場所を撮影した、写真と音のインスタレーション作品「Blind City」(1999)や、作家不在の部屋にいる人物を2秒ごとに1時間撮影し、その静止画を並べた作品「Julia」(2001)/「Elisabeth」(2002)など、写真表現の実験的な過程が見られます。本展では、現在の静止画と動画を重ね合わせる代表的な手法に至った作品「Posing Time」(2003)を始め、子供が懸命にシャツを着ようと試みるシーンを撮影した代表作「Red Shirt」(2003)、フィンランドの離島で約3年をかけて撮影された最新作「Forest」(2009)、そして本年5月に行ったアーティスト・イン・レジデンスで制作された、東京の街を被写体とした映像作品も発表致します。

メディア

スケジュール

2009年09月09日 ~ 2009年09月27日

アーティスト

サンテリ・トゥオリ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use