ムーミン 展

大丸ミュージアム・東京

poster for ムーミン 展

このイベントは終了しました。

ムーミンの生みの親、トーベ・マリカ・ヤンソンは1914年、彫刻家の父と挿絵画家の母の長女として生まれました。14歳で挿絵と詩が雑誌に、15歳には母シグネが関わっていた風刺雑誌『ガルム』に挿絵が掲載され、1953年の廃刊まで専属アシスタントとして描き続けることになります。のちに世界30数ヶ国で出版され、広く愛されるムーミントロールは、この雑誌の挿絵の一部として1943年に登場します。ヤンソンはやがてスウェーデンのストックホルム工芸専門学校、ヘルシンキのアテネウム芸術大学、パリへの留学と、美術の道を歩み始め、帰国後の24歳、フィンランド芸術協会ダカット金貨賞を授与されるなど、画家としての才能を開花させていきます。

1947年には、雑誌『現代』に「ムーミントロールと世界の終わり」を連載し、1954年から59年には『イブニング・ニューズ』誌にムーミン・コミックを連載。そして1965年、「ムーミン谷の夏まつり」「ムーミン谷の冬」などで国際アンデルセンメダル委員会から賞状を授与されます。翌年の1966年には国際アンデルセン大賞、1976年にプロ・フィンランディア勲章、1978年にオーボ・アカデミー大学名誉文学博士号が授与され、1995年にはプロフェッサーの称号が与えられました。そして2001年、トーベ・マリカ・ヤンソンは惜しくも86歳の生涯を閉じました。

ヤンソンが自ら物語を考えたムーミン・シリーズは、全部で9話。子どもらしいあどけない心を持ったムーミンに、様々な出来事が旅の途中などで起こります。穏やかで理想的な象徴にみえるムーミン一家ですが、その内には揺れ動く葛藤があり、ふりかかる困難を乗り越えて、より強固な家族となっていきます。物語に描かれている冒険を愛するわくわくした気持ち、ムーミンとその家族や仲間たちの知恵とユーモア、人の温かさは、文化や言葉の違いを越えて世界中で愛されています。

本展は、ムーミン全9話の中から、タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館が所蔵するトーベ・ヤンソンのムーミンオリジナル原画、習作、スケッチなど約170点と、ムーミン谷博物館に展示され、門外不出だったムーミンの立体模型(日本初公開)を展示し、ムーミンの魅力と全貌をご紹介いたします。

メディア

スケジュール

2009年04月29日 ~ 2009年05月18日
5月2日(土)〜6日(水・休)は9時閉場

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use