「山水に遊ぶ - 江戸絵画の風景250年」展

府中市美術館

poster for 「山水に遊ぶ - 江戸絵画の風景250年」展

このイベントは終了しました。

美しい山や川、湖、そして海。自然の風景は、日本美術の大きなテーマのひとつでした。やまと絵の優美な景色、あるいは、文化の源として憧れてきた中国の絵にならった、日本人にとっては空想的とも言えるような風景が、長く描かれてきました。そして江戸時代、そうした伝統が根づいていたことは言うまでもありませんが、同時に、新たな外来文化や人々の生活・思想の変化が、風景を描くことに広がりをもたらしたのです。
 
例えば、江戸時代中期になると、身の回りの景色が絵として楽しまれるようになりました。風景の絵に新鮮みを求める動きのひとつと言えますが、伝統的な美のかたちと融合させるための工夫は、近代の風景画とは違った魅力を生んでいます。個性を自覚し表現しようとする動きからは、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)や曾我蕭白(そがしょうはく)らのような、風景の描写に個性を託す画家が登場しました。また、作品が描かれた動機も実に色々です。自然の中での暮らしを歌い上げた絵、神仏への祈りから生まれた絵、旅の叙情や物語の情緒を味わう絵、あるいは、渡ることの叶わない異国への憧れを形にした絵。作品のひとつひとつから、「江戸時代びと」たちが風景に対して抱いた気持ちがいかに多様であったかが伝わってきます。
 
この展覧会では、江戸時代のさまざまな画家たちが描いた風景の絵をご覧いただきます。その表現の多彩さは、例えば、百人の画家がいれば百通りだと言ってもよいでしょう。曾我蕭白(そがしょうはく)の山水画の傑作として知られる重要文化財「月夜山水図屏風」や、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の稀少な風景画「石灯籠図屏風」をはじめ、狩野(かのう)派、やまと絵、円山四条(まるやましじょう)派、文人画、洋風画、浮世絵など、江戸絵画を代表する画家、画派の作品の勢揃いです。江戸時代の奇と迫力、そして清々しさにみちた光と空気を、ぜひ会場で体感してください。

[画像: 佐竹曙山「湖山風景図」秋田市立千秋美術館蔵]

メディア

スケジュール

2009年03月20日 ~ 2009年05月10日

アーティスト

佐竹曙山葛飾北斎

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2009-04-10)

A taste for the unusual leads to excellence
By Michael Dunn
Special to The Japan Times

Since the Heian Period (794-1185), landscapes have served as the inspiration for generations of Japanese painters. Many followed the standards and styles of a particular school, while other -- often encouragingly eccentric -- individuals broke with all conventions to
wield their brushes in a completely new manner ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20090410a3.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use