「冷泉家 王朝の和歌守」展

東京都美術館

poster for 「冷泉家 王朝の和歌守」展

このイベントは終了しました。

和歌〜やまとうた〜は長期にわたり日本文芸の首座を占めつづけてきました。なかでも天皇や院の命で編まれる勅撰ちょくせん和歌集は宮廷文化の華であり、その撰者になることは、歌人にとってこのうえない名誉でした。冷泉家は、三代つづけて勅撰撰者となった藤原俊成しゅんぜい、定家ていか、為家ためいえを祖に持ち、歴代が宮廷や武家の歌道師範をつとめた家柄です。京都御所にほど近い、現存最古の公家住宅である同家の蔵には、800年の伝統のなかで集積されてきた勅撰集、私家集(個人の歌集)、歌学書、古記録などが収められ、いまなお「歌の家」として尊崇を集めています。それらの書物は「冷泉家時雨亭叢書」として刊行され、このほど全84巻の叢書が完結したのを機に、冷泉家が守り伝えてきた貴重な典籍や古文書類の精髄をお目にかけるのが本展です。俊成筆『古来風躰抄こらいふうていしょう』、定家筆『古今和歌集 嘉禄二年本こきんわかしゅう かろくにねんぼん』『後撰ごせん和歌集 天福てんぷく二年本』『拾遺愚草しゅういぐそう』『明月記めいげっき』の国宝5点をはじめ、展示替を交え約400点もの国宝・重要文化財が公開される初めての機会です。また、天皇の書「宸翰しんかん」も披露されます。天皇から授かった御衣おんぞで表装された華麗な作品群は、観る者を一気にみやびな世界へといざなうことでしょう。

メディア

スケジュール

2009年10月24日 ~ 2009年12月20日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use