「岡本太郎の絵画」展

川崎市岡本太郎美術館

poster for 「岡本太郎の絵画」展

このイベントは終了しました。

岡本太郎はさまざまなジャンルを越境するような多面的な表現活動をしてきました。岡本太郎の活動の軌跡を、「美術」という枠組みで捉えるのははなはだ難しいといえるでしょう。しかし、その表現活動のスタートは絵画からでした。

岡本は東京美術学校(今の東京芸術大学)を半年で退学し、画家を目指してパリに留学します。1930年にルーブル美術館でP.セザンヌの作品に感動、絵画における近代を体験しました。そして1932年ポール・ローザンベール画廊でP.ピカソの油彩作品≪水差しと果物鉢≫(1931年 グッゲンハイム美術館蔵)に出会い、抽象芸術の道を歩みはじめます。このピカソとの運命的な出会いこそ、画家・岡本太郎を誕生させたといってもよいかもしれません。戦後日本で独自の理念「対極主義」を提唱し、岡本太郎の絵画はモード(流行)に流されることなく、真にオリジナルなスタイルを確立してきました。
 
本展では岡本太郎の絵画表現の軌跡を辿ることで、絵画から壁画などパブリックアートへと幅広く展開していった岡本太郎の制作活動の一端をご紹介します。

[画像: 「憂愁」(1947) 油彩、キャンバス 草月会蔵]

メディア

スケジュール

2009年04月18日 ~ 2009年09月23日
休館日: 毎週月曜日(7月20日と9月21日を除く)、4月30日(木)、5月7日(木)、7月7日(火)、7月8日(水)、7月21日(火)

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use