石井光楓 「パリの青春」

千葉市美術館

poster for 石井光楓 「パリの青春」

このイベントは終了しました。

洋画家石井光楓(1892-1975)は現在のいすみ市岩船にあった網元の次男に生まれ、はじめは日本画を学びましたが、洋画家を志して大正4年(1915)には第2回院展、同10年(1921)に第3回帝展に入選と活躍をはじめます。

しかし光楓は国内で洋画を学ぶことの限界を覚えたのでしょう。大正10年に渡米し、シカゴのアート・インスティチュート、さらに同14年にはフランス・パリのアカデミー・ジュリアンに入り、本場での本当の洋画を学ぶのです。光楓の若々しく純粋な思いは、この時代の作品に最もよく表れています。当時のパリには洋画家として知られる藤田嗣治(1886-1968)もいて交流があり、そこに集う画家たちには独特の若い熱気がありました。やがて光楓はパリの画壇でも注目され、数々のサロンに入選するようになります。

ご遺族のご好意によりこのたび千葉市に寄贈された光楓作品の中から、滞欧米時代の作品を中心に展観し、その画業を振り返ります。

講演会「石井光楓の生涯とその画業」
7月11日(土) 14:00より、11階講堂にて、先着150名様、予約不要、聴講無料

市民美術講座「若き画家たちの挑戦ー石井光楓とその時代」  
7月25日(土) 14:00より、11階講堂にて、先着150名様、予約不要、聴講無料

[画像: 石井光楓 「フランスのビアホール」 水彩、紙]

メディア

スケジュール

2009年06月27日 ~ 2009年08月09日

アーティスト

石井光楓

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use