「少女の友」展

弥生美術館

poster for 「少女の友」展

このイベントは終了しました。

「少女にこそ一流の作品を」をモットーに、古くは竹久夢二、川端龍子、与謝野晶子、昭和に入ってからは川端康成、吉屋信子、西條八十、抒情画家の高畠華宵、松本かつぢ、藤井千秋らが筆をふるい、若き中原淳一が表紙画家として活躍した雑誌『少女の友』。明治41年(1908)の創刊から昭和30年(1955)まで、日本の少女雑誌史上、もっとも長きにわたって刊行された雑誌です。

都会的でエレガントなビジュアルと教養高く洗練された読み物とで、時代時代のハイカラ女学生を魅了しました。また編集部と読者との交流が盛んであったのも特徴で、愛読者集会を開催し、膨大な数の投書に誠実にこたえるなどして読者一人ひとりと向き合い、読者の人間形成にも大きな影響を与えました。

創刊から数えて100年を迎え、今、再び『少女の友』に注目が集まっています。本展では弥生美術館が誇る『少女の友』コレクションを一挙公開いたします。現在では入手困難な当時の雑誌をはじめ、まるで〈紙の宝石〉といえる優美なふろくの数々、色鮮やかな挿絵原画など、総数約300点の作品・資料により『少女の友』48年の魅力をたっぷりとご紹介します。

関連イベントについては、HPをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年10月01日 ~ 2009年12月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use