「台湾の心・台湾の情 廖修平(りょうしゅうへい)・江明賢(こうみんけん)二人展」

渋谷区立松濤美術館

poster for 「台湾の心・台湾の情 廖修平(りょうしゅうへい)・江明賢(こうみんけん)二人展」

このイベントは終了しました。

「台湾版画の父」といわれる廖修平(1936〜)は台北に生まれ、国立師範大学卒業後、東京教育大学、さらにパリ、ニューヨークなどで留学を重ね、1977年に再来日し、筑波大学で教鞭をとり、版画研究室創設に尽力しました。東京版画ビエンナーレ、サンパウロ国際版画展などの各種国際展で数々の賞を受賞しています。一方、台中生まれの江明賢(1942〜)は台湾師範大学を卒業後、スペインなどに留学し、様々な西洋の美学、水彩の技法を伝統的水墨画の中に取り入れ、新たな水墨画の道を切り開きました。

本展では、今日の台湾美術界で指導的立場にある両氏の作品を紹介するとともに、その作品を通して、戦後台湾美術の足跡を検証します。

座談会「台湾版画の現況と日本」
日時: 4月7日(火) 14:00から
講師: 廖修平氏(版画家)、中林忠良氏(版画家)、森野眞弓氏(版画家)、園山晴巳氏(版画家)

[画像:廖修平「廟」(1976)]

メディア

スケジュール

2009年04月07日 ~ 2009年05月17日
前期:4月7日(火)〜26日(日), 後期:4月28日(火)〜5月17日(日)

アーティスト

廖修平江明賢

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use