諏訪敦 展

キドプレス

poster for 諏訪敦 展

このイベントは終了しました。

1967年北海道に生まれ、1992年に武蔵野美術大学 大学院造形研究科を修了。1994年から、文化庁派遣芸術家在外研修員としてスペインに滞在。この滞在中に、バルセロ財団国際絵画コンペで大賞を受賞し、諏訪の作家活動は本格的に始動します。

帰国後は絵画の原点回帰としての意味で写実表現の追求を続けます。そして2000年には前衛舞踏の先駆者である大野一雄氏を、本人の協力のもと一年間に及んで取材、制作した作品を発表しました。この過程こそが、その後の諏訪の制作体制に大きな影響を与えていきます。   

描く対象を一定の条件を定めて探し求め、取材するところから始まり、対話によってその人物の背後にある歴史や思考などをも引き出していきます。このような対象とのコミュニケーションのプロセスもまた、諏訪にとっての重要な素材です。それは対象をいかに視覚的に再現描写していくかに留まった、古典的意味での写実表現からは逸脱したものです。この頃から、シリーズ作品を個展で発表していくスタイルへと移行していきました。2003年には日本に在住する女性たちの帰属意識のグラデーションを題材に、個人史にまつわるインタビューと絵画の組み作品「JAPANESE BEAUTY」を発表。2006年に発表された「SLEEPERS」では、一般より募ったモデル協力者の生活空間に居合わせて取材し、本来秘匿されるべき寝姿を描写しました。

そしてドキュメンタリー的な要素が強い画家としての認知が広まりつつある中、2008年以降継続している「Stereotype」が発表されます。日本人に対するステレオタイプ、つまり誤解や偏見も含んだ紋切り型のイメージを実際にモチーフとして再現し、その特化した超絶的描写によって即物的に描くことで、本物と偽物の入り交じる世界、虚構の中に混在する現実に鋭い視点を向けました。

続いての諏訪にとって初めての美術館での個展「複眼リアリスト」は、これまでの軌跡を一堂に会す展覧会となりました。

諏訪敦の作品には目を奪われるほどの美しい描写が見られますが、卓越した手仕事の根底には、作家が対象に抱く畏敬の念、慈しみの心がありありとうかがえます。高く保たれた精神集中の中、その崇高な心は身体と連動し、一筆一筆を通して、命の糸を紡ぐように描かれるからこそ、観る者の心を深く打つ魅力があるのでしょう。 

本展ではオリジナル作品と共に、諏訪敦による初の版画作品を発表いたします。この機会に是非ご高覧ください。

[画像: 「Untitled」 (2009) 300 × 485mm, lithograph edition of 18, ©2009 Atsushi Suwa and KIDO Press, Inc.] 

メディア

スケジュール

2009年10月10日 ~ 2009年11月07日

オープニングパーティー 2009年10月10日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

諏訪敦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use