「肉筆浮世絵と江戸のファッション 町人女性の美意識」展

ニューオータニ美術館

poster for 「肉筆浮世絵と江戸のファッション 町人女性の美意識」展

このイベントは終了しました。

浮世絵は、江戸の庶民層が生み出した美術のひとつです。

幕末までのおよそ200年の間、「浮世」、すなわちこの世の享楽的な世相を反映して移り変わる町方の風俗を、その時々に克明に描き出しました。ことに女性を主題とした美人画は、その容ぼうのみならず、服飾描写までもが丹念になされています。彼女らが身にまとう小袖の模様や質感は、現存する同時代の染織作品と比較しても、そん色ないほどの再現性をもって描き分けられており、絵師が、町人女性のファッションを熱心に観察、描写していたことが分かります。

本展では、江戸時代初期から幕末までの肉筆浮世絵の美人画と、現存する江戸時代の各時期の小袖や小袖模様の見本帳である雛形本を含む前後期約60点により、江戸ファッションの変遷を展観いたします。江戸に花開いた町人文化の粋をお楽しみください。

メディア

スケジュール

2009年10月03日 ~ 2009年11月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use