「ヨコハマ国際映像祭2009プレイベント AMクルーズVol.4」

ヨコハマ創造都市センター

このイベントは終了しました。

「ヨコハマ国際映像祭2009」は、開港150周年の2009年に「映像文化都市・横浜」の新たな取組として、現代美術、メディアアート、CG、アニメーション、映画、写真など様々な映像を対象とした国際フェスティバルとして、10月31日(土)~11月29日(日)、新港ピア(メイン会場)、BankART NYK等で開催されます。今月25日(土)には、下記内容でプレイベントが開催されます。

-ヨコハマ国際映像祭2009概要紹介
住友文彦ディレクターより、開催テーマ、ロゴマーク、会場構成・展示内容など本展全体のイメージ・方向性について紹介します。また、この映像祭の中での市民ボランティア「サポートクルー」の活動に関しても発表します。

-ヨコハマ・フィールドワーク
「まちと映像との関わり」について3名のゲストの活動や研究を紹介しながら、どのような展開が可能か皆様とともに考えます。
1)ヨコハマのまちを調査する?
中島智氏 (芸術人類学/武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師)
2)ヨコハマのまちが楽譜になる?
安野太郎氏 (作曲家/方法マシン代表)
3)ヨコハマのまちがキャンバスになる?
高松真平氏 (メディア表現研究者/情報科学芸術大学院大学IAMAS在学)

会場: ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター 1Fホール
予約不要

メディア

スケジュール

2009年04月25日 16:00~17:30

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use