「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」

スパイラル

poster for 「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」

このイベントは終了しました。

「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」は、1992年より毎年開催されている、セクシュアル・マイノリティ界では、唯一、長年継続して行われている歴史あるイベントで、今年で18周年を迎えます。

当映画祭は、一般上映される機会の少ないセクシュアリティやジェンダーをテーマにした優れた作品を紹介し、映像文化創造に貢献することをその趣旨としています。また、作品の上映を通してセクシュアル・マイノリティやHIV/AIDSに関する偏見や誤解を解き、より多様で自由な社会を創出するための教育と情報提供の場となることを目指します。加えて、海外の作家や世界各国のセクシュアル・マイノリティ映画祭とのコラボレーションを通じて、幅広いネットワークを構築し、芸術の国際交流をより活発に促進することを目的としています。

世界にはセクシュアル・マイノリティをテーマとした映画祭は150以上ありますが、同種の映画祭の中では、当映画祭は観客動員数において「アジア最大規模」を誇っています。昨年は、新宿バルト9様のご協力のもと、長年の希望であった新宿での開催も実現し、8日間で、延べ8,230人のお客様にご来場頂き、人気プログラムでは、チケット発売日に20分弱で前売券が完売したり、当日も、立ち見・売り切れが続出するほどの盛況ぶりとなりました。

その人気の秘密はもちろんクオリティの高い映像作品と、他では体験することのできないイベントの数々。世界中から選りすぐりの作品を上映します!

このイベントは2つのベニューで開催されます。

7月10日(金)-12日(日) 新宿バルト9(新宿 / 新宿マルイ アネックス 9F)
7月16日(木)-20日(月) スパイラルホール(青山 / スパイラル 3F)

メディア

スケジュール

2009年07月10日 ~ 2009年07月20日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use