カンポ・バエザ 「The Creation Tree」

ギャラリー・間

poster for カンポ・バエザ 「The Creation Tree」

このイベントは終了しました。

カンポ・バエザ氏はマドリードを拠点に、主にスペイン国内で多数の建築作品を手がけている建築家です。その作品は、外観はシンプルな箱型建築でありながら、内部には意図的に設けた天窓や高層窓、ガラス壁のペントハウスなどから取り込んだ西ヨーロッパ特有の強い”光”で満ちた崇高な空間がつくられています。

日本では正統なモダニズム建築として「グラナダ銀行」(グラナダ/2001年)や「デ・ブラス邸」(マドリード郊外/2000年)などの数作が知られていますが、情報が限られており、本展が氏の現在までの活動を紹介する国内初の展覧会となります。会場では、常に持ち歩いているスケッチブックに描かれた膨大なスケッチを展示して発想の源を公開するとともに、カンポ・バエザ氏の作品を象徴する”光”を用いたインスタレーションの中で、代表作から進行中の最新プロジェクトまでの豊富なビジュアルをご覧いただける予定です。

本展開催を記念して、6月26日には初来日講演会を開催するとともに、展覧会開催にあわせてTOTO出版より作品集を発行いたします。

講演会や出版によってカンポ・バエザ氏の建築作品だけでなく、その思想まで紹介する本展が西欧の建築文化や歴史を紹介する一助となり、ひいては日本の建築文化への刺激となることを期待します。

メディア

スケジュール

2009年06月25日 ~ 2009年08月29日

アーティスト

カンポ・バエザ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use