興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」

東京国立博物館

poster for 興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」

このイベントは終了しました。

奈良・興福寺の中金堂再建事業の一環として計画されたこの展覧会では、天平伽藍(てんぴょうがらん)の復興を目指す興福寺の貴重な文化財の中から、阿修羅像(あしゅらぞう)をはじめとする八部衆像(国宝)、十大弟子像(国宝)、中金堂基壇から発見された1400点をこえる鎮壇具(国宝)や、再建される中金堂に安置される薬王・薬上菩薩立像(重要文化財)、四天王立像(重要文化財)など、約70件を展示いたします。特に、八部衆像(8体)と十大弟子像(現存6体)の全14体が揃って寺外で公開されるのは、史上初めてのことです。

阿修羅像は天平6年(734)、光明皇后(こうみょうこうごう)が母橘三千代(たちばなのみちよ))の1周忌供養の菩提を弔うために造像して以来、戦乱や大火など幾つもの災難を乗り越えてきました。1300年の時を超えて大切に守り伝えられた、日本の文化といにしえの人々の心に触れる機会となれば幸いです。また、橘夫人(たちばなぶにん)の念持仏(ねんじぶつ)と伝えられる阿弥陀三尊像(国宝、奈良・法隆寺蔵)も特別出品いたします。

関連イベントも開催します。詳しくはHPご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年03月31日 ~ 2009年06月07日
開催時間 9:30-18:00、5月7日(木)休館

Facebook

Reviews

tunes: (2009-04-01)

ガラスケース越しではなく見られる阿修羅像。まさに国宝という存在感で鎮座されています。
http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52315314.html

sightsong: (2009-04-04)

絢爛豪華な拡がりを見せる前の、独特な面白さを持つ奈良仏教。精緻で肉感的な異形生命体をさまざまな角度から観察できる体験。
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=2062935

jinno: (2009-04-10)

草食男子のモトネタ、阿修羅像。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10239906841.html

nakamiho: (2009-05-09)

個人的には阿弥陀三尊像及(伝橘夫人念持仏)の美しさに心奪われました。
http://blog.blanc-casse.net/?eid=818912

takatokyo: (2009-06-02)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use