ベルンハルト・ブルングス 「眠れるもの」

小山登美夫ギャラリー

poster for ベルンハルト・ブルングス 「眠れるもの」

このイベントは終了しました。

ベルンハルト・ブルングスの作品において、我々は文学史上の偉人たちと出会います。ドイツの詩人エルゼ・ラスカー=シューラー、オーストリアの詩人ゲオルク・トラークル、フランスの詩人シャルル・ボードレール、アルチュール・ランボー、ポール・ヴェルレーヌ。雑誌『デア・シュトゥルム』の発行者ヘルヴァルト・ヴァルデン、映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1922)の監督として知られるフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ。ドイツ表現主義、フランス象徴主義を中心に、19世紀末から20世紀初頭における芸術家と彼らが生きた時代、制作を行った環境をブルングスは主題とします。文学史への言及というユニークなアプローチは、伝統的なチョークの下地が施されたキャンバスにおいて現われます。抑制された色彩のスペクトルと妙なる陰影、そして光。控えめなグレーを基調としながらも、ブルングスのパレットから生まれる色彩は独特の輝きを放っています。

この展覧会タイトル『Die Schläfer』(眠れるもの)は、ドイツの詩人ゲオルク・ハイム(1887-1912)が発表した詩のタイトルを引用しています。ボードレールやランボーの影響を受け、歪曲された都市生活の怪奇さや世界の終末への不安を詠った初期表現主義の重要な詩人でありながら、若くしてスケートの最中に不慮の死を遂げるゲオルク。暗い室内で彼と向き合っているのは、ダダの先駆者であるフーゴー・バルの妻であり詩人のエミー・へニングスです。大戦の不穏な靴音が響く20世紀初頭、出会っていたかもしれない綺羅星のような文学者や芸術家たちが、ブルングスの用いる魔法で一堂に会します。本展では新作ペインティング6点、ドローイング9点と、彫刻作品2点を展示いたします。

メディア

スケジュール

2009年03月07日 ~ 2009年03月28日

オープニングパーティー 2009年03月07日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use