「版画に見る印象派 陽のあたる午後、天使の指がそっと」展

埼玉県立近代美術館

poster for 「版画に見る印象派 陽のあたる午後、天使の指がそっと」展

このイベントは終了しました。

今日「印象派」として知られるルノワールやピサロ、マネなどの画家たちは、19世紀後半にすばやいタッチと明るい色彩によって絵画に革新をもたらしました。彼らは油彩画を描くかたわら、同時にエッチングやリトグラフなどの版画の制作も手がけています。マネは自作の油彩にもとづいたエッチングを制作し、ピサロやルノワールは、友人やコレクターの求めに応じて版画を制作しています。印象派の画家を先導したバルビゾン派のミレーやコローも自然と田園の風景を版に刻み、トゥールーズ=ロートレックはリトグラフのポスターによって世紀末のパリを彩りました。この時代、版画はかつてなく画家にとって重要な表現手段となったのです。

この展覧会では、印象派やバルビゾン派、ナビ派を代表する画家たちの作品や、本の挿絵として制作された作品など、さまざまな技法や制作経緯による約130 点の版画作品をご紹介いたします。19世紀後半から20世紀前半におけるフランスの美しい版画の数々をじっくりとお楽しみください。

[画像: ピエール=オーギュスト・ルノワール 「帽子のピン留め」(1898年) カラー・リトグラフ 個人蔵 ]

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use