Xavier Veilhan “Free Fall”

Espace Louis Vuitton Tokyo

poster for Xavier Veilhan “Free Fall”

This event has ended.

In tribute to the 5th anniversary of the Espace Culturel Louis Vuitton in Paris, Louis Vuitton is delighted to host French artist Xavier Veilhan for the inaugural exhibition of the Espace Louis Vuitton Tokyo.

Famous for his installations anchored in urban reality, Veilhan received special recognition in 2009 thanks to an exhibition of his works at the Château de Versailles. Intent on sharing the essence of things, the artist decomposes reality. He is also a thoroughly modern artist who blends ancient aesthetics and new processes (and conversely, new aesthetics and ancient processes) wherein spectacularness is not the objective but the means.

In creating this exhibition, Xavier Veilhan drew inspiration from the Espace Louis Vuitton Tokyo, suspended between heaven and earth on the 7th floor of the Maison Louis Vuitton Omotesando. Named “Free Fall”, the exhibition was “conceived specifically for this central, weightless place”, he notes. “It invites me to reconstitute the mental and aerial dimensions which can be reached through art.”.

In keeping with its commitment to the creative world, Louis Vuitton is supporting Xavier Veilhan’s work in a parallel project. One of his creations, Mobile, specially conceived for the Gabriel staircase of the Château de Versailles, now belongs to Louis Vuitton. On December 16th 2010, it has installed in the presence of the artist at the Maison Louis Vuitton on New York’s Fifth Avenue.

Media

Schedule

From 2011-01-15 To 2011-07-24

Artist(s)

Xavier Veilhan

Facebook

Reviews

Aie Shimoguchiya tablog review

xiaog: (2011-01-21)

明らかに回るように設計されている巨大な彫刻。風力、遠心力、重力といったものは回っていないとまるで意味をなさないのに、どういう理由からか電源は入れられておらず、説明を求めてもオープニングでは回していましたというだけで、残念でした。
スペースも杮落としということでしたが前回行った時と何も変わらなかった印象。

marienkmc: (2011-02-04)

正直作品の幼稚さにビックリ。ルイ・ヴィトンのアートスペースらしからぬ、作品でした。でもあの階から見る眺望は素晴らしいので、アート作品をみるより、眺望を楽しんで・・・

: (2011-02-11)

高い天井、開けた空間にそびえ立つアトラクションのような構造物、規則的に宙づりになっている印象的な黒い球体など、最初に目に飛び込んでくるイメージのインパクトはなかなかのものだった。
会場を見て回っているとカチッという機会音とともに動き出すファンによって風が作り出され、その動力によって黒い球体の回転が始まる。
それによって空間の質が変化する、それまで何かを待つように静かに佇んでいたそれに命が吹き込まれるように。

この作品に関わらずこの作家はアレクサンダー•カルダーのモビールに影響を受け、重力や宇宙といった空間と時間や物事における構造の考察のもとに作品を作り出しているということだが、それだけにとどまらず台座の問題に言及しているところなども伝統的な彫刻家の系譜の中に意識的に自身を位置づけているように感じられる。きわめて王道をいく“彫刻家”にして現代では希有な作家ともいえるのではないだろうか。

プリミティブな要素と構造に対しての意識、それに反比例するように選択する色のポップ差は古さでは無く現代的であり未来への予感を感じさせるものである。


日本では目にする機会の少ない作家の作品を見ることができる空間としてもエスパス ルイ•ヴィトン東京には今後も期待したいと思う。

emie: (2011-04-02)

昨晩、見ました。ガラス窓の向こうが明るく見える、晴れた昼にもう一度みたいなと思いました。

shinonon: (2011-06-03)

シンプルな思考法、クラフトっぽい感じ、出来上がってくるものの軽妙さ、それをさらりとこなす感じにフランスのエスプリを感じた。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use