「そごう美術館開館25周年記念 ピカソと20世紀美術の巨匠たち」展

そごう美術館

poster for 「そごう美術館開館25周年記念 ピカソと20世紀美術の巨匠たち」展

このイベントは終了しました。

ドイツ、ケルンにあるルートヴィヒ美術館。大聖堂に隣接するこの美術館は、20世紀以降の美術を所蔵する館として世界的に重要な地位を占めています。そのコレクションの多くは、ピカソに関する論文で博士号を取得した異色の実業家ペーター・ルートヴィヒとその妻イレーネによって収集されたものです。

本展では、ルートヴィヒ夫妻のコレクションの根幹をなすパブロ・ピカソの作品を、初期から晩年まで各時代の典型となる作品8点でご紹介。あわせてヴラマンクやマティス、クレー、カンディンスキーといったモダンアートの巨匠たちに加え、戦後の傾向として、抽象主義を代表するステラ、具象派のブレイク、そしてウォーホルに代表される60年代ポップアートなど、歴史に残る巨匠41人による60点を展覧します。20世紀美術の多様な展開を改めてご覧いただける絶好の機会です。

関連イベントあり。情報はHPをご覧ください。

メディア

スケジュール

2010年04月08日 ~ 2010年05月16日 17:00

アーティスト

ピカソウォーホル

Facebook

Reviews

sightsong: (2010-04-17)

天才たちの作品群はいつ観ても嬉しい。1995年の東武美術館以来の来日か。なかでもエルンストのフロッタージュ作品「月に向かってバッタが歌う」は終末的で素晴らしい。
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=2863330

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use