秋吉風人 「口説き文句は持ってない」

TARO NASU

poster for 秋吉風人 「口説き文句は持ってない」

このイベントは終了しました。

1977年生まれの秋吉風人は2000年のデビュー以来、一貫して絵画とは何かという古典的命題をテーマに制作を続けてきた。

2008年には「THE ECHO」展への参加、昨年はベルギーのOffice Baroque Galleryでの個展、ドイツ・ライプチヒのDogenhaus Galleryでのグループ展への参加など、近年順調に活躍の場を広げてきている。

日本人としてのアイデンティティにこだわる秋吉は、油絵という西洋美術の伝統的な枠組みを意識しながら、日本的なるものを模索してきた。金色の絵具だけで室内の光景を描く作品群「Room」は2003年より、秋吉がライフワークとして取り組んでいるシリーズである。絵画の古典的な構造を光と三次元性の表現に見いだした秋吉は、その構造を踏襲しつつ日本人にしか描けない油彩画を創造した。光を表す金色の絵具と空間の存在を暗示する最小限の線で描かれたそれら金色のペインティングのシリーズは、西洋美術の本質をミニマリスティックに解釈し、象徴的に表現したものである。

また細く繊細な筆線の集合によってキャンバスを塗りつぶすその手法はあえて、漆塗りのような手工芸の技法を選択した。それは、長らく工芸を芸術のヒエラルキーにおいて下位のものとして扱ってきた西洋美術の論理とは一線を画す、日本美術ならではの個性を主張している。この静謐な美しさをたたえた抽象画でもあり具象画でもあるシリーズは西洋と東洋の衝突が生んだ新たな美として、海外のコレクタ—やキュレータ−にも注目されている。

金色のペインティング「Room」7点に加え、今回は秋吉作品の構造を作家自らが分析したともいえるポラロイド写真や、新シリーズのペインティング3点を展示いたします。

[画像:秋吉風人「Room」2008 40.1x31.8cm each a set of 2 ]

メディア

スケジュール

2010年03月13日 ~ 2010年04月03日

アーティスト

秋吉風人

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use