ピエル・パオロ・パゾリーニ 「テオレマ」

メゾンエルメス

このイベントは終了しました。

イタリア文化界の鬼才ピエル・パゾリーニの1968年の異色作。北イタリアの工業都市、ミラノの高級住宅街に住む裕福な家庭に、ある日突然舞い降りてきた美青年が、家族の穏やかな日々を徐々にかき乱していきます。社会や時代への批判は、寓話を通じてのみ展開できるというパゾリーニの独自の現実へのアプローチが顕著に現れる作品です。

1968年/イタリア/カラー(一部モノクロ)/94分/35mm/イタリア語
原作・脚本・監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ

メディア

スケジュール

2010年09月04日 ~ 2010年10月16日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use