「輪島キリモトといつものうるし」展

クラスカギャラリー

poster for 「輪島キリモトといつものうるし」展

このイベントは終了しました。

昨年雑誌のお仕事で桐本木工所の工房にはじめてお邪魔したときのこと。工房に所狭しと並んでいた漆の塗られていない素地のままの器や盆の形に思わず目が奪われてしまいました。一見シンプルな形の中に複雑でニュアンスのある表現を感じ、熟練した技術とセンスを要するだろうことは素人目にもわかりました。漆が塗られる前の素地の器は実に清々しく、日本的意匠を感じさせる細部のデザインなど実にモダンで美しかったのです。そのとき桐本木工所の基本が創業80年を越える木地屋さんであるということをあらためて再確認した気がしました。

今回の展示はそんな「朴(ほお)木地屋」として桐本木工所のしごと、「毎日使えるうるし」の提案者としての輪島キリモトのしごとを合せてご覧頂きたいと思っています。ドーのリクエストで作って頂いたオリジナルの
アイテムも合せてご紹介させて頂く予定です。皆さまのお越しをぜひお待ちしております。

メディア

スケジュール

2010年07月02日 ~ 2010年07月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use