「近代日本美術の百花」展

千葉市美術館

poster for 「近代日本美術の百花」展

このイベントは終了しました。

「花」と聞いて、あなたは何をイメージするでしょうか。このたびの展示では、「近代日本美術の百花」と題し、コレクションの柱の一つ「近世近代の日本絵画・版画」に沿って収集してきた作品の中から、大正・昭和期前半の日本画・版画作品を中心にご紹介します。

文字通り、美しい四季の花々や自然を写した花鳥画だけでなく、伝統技術とともに江戸情緒を返り咲かせた大正新版画の精華、モダンな都市風俗の中に浮かび上がる妖花のような女性像、近代デザインに好んで取り上げられた植物のモチーフなど、「花」という切り口から近代美術を見つめます。版画約200点、絵画約 50点による、百花繚乱、多種多様な花々の競演をお楽しみください。

平成7年11月の開館から今年で15年目を迎える当館は、昨年度、展示室を含む空調設備の改修工事を行いました。そのため約半年振りのコレクション展示となります。

*会期中、一部作品の展示替えを行います。

メディア

スケジュール

2010年04月06日 ~ 2010年05月09日

アーティスト

小早川清川瀬巴水森寛斎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use