北爪潤 「花弁」

hpgrp Gallery 東京

poster for 北爪潤 「花弁」

このイベントは終了しました。

hpgrp GALLERY東京では初となる北爪潤の新作展「花弁」をご案内申し上げます。北爪はアクリルやインク、ウレタン等を用いて、「生」の躍動感と「性」の根源性をシンプルで鮮やかな画面に描きだすアーティストです。過去に全身の半分の血液を失った経験がある北爪は、その経験から漠然と、しかしリアリティを持って「生」を意識するようになりました。輸血パックから体に流れ込んでくる液体は命=生そのもので、自らが液体で出来ていることを強く認識したと言います。また北爪は液体状のものが持つ性的なイメージに「生」を見出し、染みたり垂れたり、または溜まる、という物質的な表情を捉えながら命を吹き込んでいきます。本展では花や果実が潰れたような色彩や質感等からイメージされる生理的感覚をアクリル、色鉛筆等を用いて描きだします。昨年の青参道アートフェアでも高い評価を得た北爪潤の新作展、ぜひこの機会にご高覧ください。

メディア

スケジュール

2010年04月29日 ~ 2010年05月25日

オープニングパーティー 2010年04月29日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

北爪潤

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use