横田大輔 「indication」

ガーディアン・ガーデン

poster for 横田大輔 「indication」

このイベントは終了しました。

ガーディアン・ガーデンでは、2009年に『ひとつぼ展』よりリニューアルした公募展「1_WALL」の第2回写真部門グランプリ受賞者、横田大輔による個展indicationを開催いたします。また、個展にあわせて制作したパンフレットも会場で販売いたします。

不確かな視覚。人によって見え方、捉え方が異なる写真の数々記憶と現在、イメージと現実が渾然一体となった空間に魅かれ、霞む視界の中で何かをつかまえようと、デジタルカメラのストロボを発光させ撮った「Fog」で見事グランプリ受賞した横田大輔。「自分の目指すものをつかまえようとしているスピード感がある」、「感性に一貫性がある」と評価されました。今回は、人が持つ先入観によって目に映るモノの見え方、捉え方が異なることをテーマに新作「indication」を発表します。それは、自身の日常生活での体験が大きく関わっています。他人と同じものを見ても、全く捉え方が異なることを経験した横田は、眼に映るものは同じであっても、先入観や知識によって異なって認識されることに興味を覚えます。そして、それまで眼に映るものが確かなものだという認識から、不確かなものなのではないかという疑問が芽生え始めます。

今回、横田が見せてくれる写真の中には、何ものかが潜んでいるような森の光景であったり、惑星探査機が見せてくれるどこかの惑星のような風景であったり、いつか夢で見たような、あるいは、記憶の中に霞んだイメージのようなものがあったりします。一枚一枚の写真が見る人によって様々なことを雄弁に語りかけてくれるはずです。横田が創り出す虚実ない交ぜの世界を是非お楽しみに下さい。

メディア

スケジュール

2011年02月07日 12:00 ~ 2011年02月24日 19:00
日曜祝日休館。水曜のみ20:30まで

アーティスト

横田大輔

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use