ケッソクヒデキ 「Gradation」

ガーディアン・ガーデン

poster for ケッソクヒデキ 「Gradation」

このイベントは終了しました。

ケッソクヒデキは、装丁や広告など幅広く活躍するイラストレーターです。近作には、ベストセラー作家宮部みゆきの小説の装丁やJR東日本新幹線、J-WAVEの広告などがあります。

今回のThe Second Stage at GG「gradation」では、 ’01年の第17回グラフィックアート「ひとつぼ展」入選後から現在まで彼が手掛けてきた仕事と、展覧会で発表してきたオリジナル作品に新作を交え、ご紹介いたします。ケッソクは、少年時代に見た大友克洋の「アキラ」に衝撃を受け、廃墟と化した都会のビルの美しさに見とれたと言います。その影響からか彼の描く風景からは徐々に人物が消え、建物や壁、空き地が数多く登場し、そのテクスチャーが愛おしいまでに丁寧に描かれています。

今回のタイトル「gradation」には、「絵を描いてきた経過」という意味を込めたとケッソクは言いますが、その裏側には彼が見た現実の世界から、彼が描く絵の世界への「変化」でもあるような気がします。自分が気になった風景をデジタルカメラで撮影し、それを見ながら、現実からフィクションの世界を立ち上げる。そこにはケッソクの創り出すある種の「SF」の世界が表れてきます。新作ではどんな「SF」を創り上げるのか、ご期待下さい。

メディア

スケジュール

2010年01月12日 ~ 2010年01月28日

オープニングパーティー 2010年01月12日18:30 から 20:00 まで

アーティスト

ケッソクヒデキ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use