「アルブレヒト デューラー 版画、素描展」

国立西洋美術館

このイベントは終了しました。

アルブレヒト・デューラー(1471-1528)は、画家を志す若者たちのための芸術理論書「絵画論」の草稿で、美術に最も重要なのは「宗教・肖像・自然」であると述べました。本展覧会は、これらの主題が実際の制作でどのように視覚化されたかを見ることで、デューラーの芸術哲学に迫ろうというものです。デューラーはドイツ・ルネサンスを代表する画家ではありますが、それ以上に版画家として重要な役割を果たしました。当時、印刷術とともに発展していた版画芸術で、彼は極めて先進的な作品を遺しています。

本展は、オーストラリア、メルボルン国立ヴィクトリア美術館からの105点を中心に、国立西洋美術館の版画49点、さらにベルリン国立版画素描館からの3 点の素描を加えた計157点からなります。今回、日本で初めて公開されるメルボルンのコレクションは、19世紀末に英国人バーロウ卿が収集した質の高いものとして知られています。この機会に、デューラーによる線描の芸術をご鑑賞ください。

メディア

スケジュール

2010年10月26日 ~ 2011年01月16日

Facebook

Reviews

yukorya: (2010-12-19)

彼の集大成たる最後の三大銅版画「騎士と死と悪魔」「書斎の聖ヒエロニムス」「メレンコリアⅠ」、巨大な凱旋門は必見。
http://yukorya.blog92.fc2.com/blog-date-201011-1.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use