ピーテル・ブリューゲル 「版画の世界」

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for ピーテル・ブリューゲル 「版画の世界」

このイベントは終了しました。

16世紀ネーデルラントの巨匠ピーテル・ブリューゲル(1525/30-69)は日本人にとても親しまれている画家です。ブリューゲルは聖書の世界、諺、子供の遊び、民衆の祝祭、農民の労働の主題を描いています。特に寓意をこめた作品では人間の弱点や愚行を諷刺 と教訓、ユーモア精神によって表現しています。私たちはこうしたブリューゲルの芸術からヨーロッパの民衆文化の"ルーツ"や当時の道徳観を知ることができます。
 
本展覧会は、ベルギー王立図書館の全面的なご協力を得て、ブリューゲルだけでなく、世界初の試みとして、同時代の版画も合わせ、150点を展示します。 皆様にとって「ブリューゲル新・再発見」のチャンスとなるでしょう。また彼の様式を継承する同・次世代の画家たち(ブリューゲリアーンス)が主題、様式、 図像をどう展開させたか、ブリューゲルと比較しながら、一望するのは大変興味深いことです。さらにブリューゲル版画は多くの分野で活躍する方々にも、新しい創造の"着想源"となるでしょう。

会場では最先端の技術を駆使したデジタル・コンテンツやユニークなキャラクターを用いた「ブリューゲル・ワールドの驚異」を用意し、若い世代の方々にも その仕掛けを楽しんでいただけます。

メディア

スケジュール

2010年07月17日 ~ 2010年08月29日

Facebook

Reviews

hypo: (2010-12-05)

基本的に良い意味でキモチワルイです。

ボスターにもあるように、人の体から何かが出て来たり
魚に足が生えていたり。

ベルセルクという漫画がありますが、
アレの世界観はもろ
ブリューゲルとボッシュなので
好きな方はぜひ。

天井からぶら下がっている動物たちが
ちょっと可愛い。。。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use