「HARAJUKU PERFORMANCE+2010」展

ラフォーレミュージアム原宿

poster for 「HARAJUKU PERFORMANCE+2010」展

このイベントは終了しました。

ダンス、音楽、演劇、映像、アートなど、既成のジャンルや従来の概念にとらわれない、新機軸のラインナップで、クリエイティブ・シーンの最前線を紹介してきた『HARAJUKU PERFORMANCE+』。4回目となる今回は、「イノベーティブ」をテーマに、革新的な表現を創出するアーティストを2日間に渡り紹介します。

出演するのは計10組。
“メディア・アートのアカデミー賞”とも言われる「アルスエレクトロニカ2010」デジタル・ミュージック部門において最優秀賞を受賞した映像/音響アーティストの黒川良一、NIKEの「NIKE MUSIC SHOE」においてランニングシューズ「NIKE FREE RUN+」を楽器に改造し演奏するという斬新でユニークなパフォーマンスを披露したHIFANAとDaito MANABE(真鍋大度)、2ヶ月間に渡る海外でのライブで大きな反響を得た和田永によるOpen Reel Ensemble & Braun Tube Project、ロンドンを拠点にポップとオルタナティブの接点で音楽活動を行うカルト的な存在スティーブ・ジャンセンと映像家・写真家の伊瀬聖子、音楽/科学を横断する共同作業を継続的に展開する音楽家の渋谷慶一郎と東京大学教授の池上高志によるユニットなど、世代や枠組みを超越した多彩なアーティストをラインナップしました。

ハイブリッドに進化する、新時代のカルチャーがここに。
面白く、先端を行くモノが見たい。――そんな欲求にお応えします。

メディア

スケジュール

2010年12月22日 ~ 2010年12月23日
12月22日(水) 19:00開場 19:30開演、12月23日(木・祝) 18:30開場 19:00開演

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use