Goma 「記憶」

PLSMIS

poster for Goma 「記憶」

このイベントは終了しました。

世界最古の木管楽器ディジュリドゥ奏者として国内外で活躍しているGOMAによる初の絵画展を行います。GOMAは、2009年11月交通事故に遭い、脳に強度の衝撃を受けたことで、「高次脳機能障害」と診断されます。その出来事は彼のこれまでの記憶をうばい、自分が何ものなのかもわからなくなるという症状が襲いました。不安な毎日が続くある日、彼は1本の筆を手に事故後深い眠りから覚める時に頭に浮かんだという光の「絵」を描いてみます。この行動をきっかけに、まるで日々を記録するように絵を描き続けており、今なおその活動は継続しています。本展は、GOMAがこの半年間描き続けている絵画の中から数十点を展示いたします。

また、廃校になった体育館の資材などをリデザインしているデザインユニットCONNECT(http://www.connect1725.net)のフレームワークがGOMAの絵をバックアップいたします。会期中には、彼のこれまでの活動をまとめたDVDの上映とアコースティックライブを開催。また展覧会を記念し今秋発売予定のセレクトアルバムの先行販売も予定しております。

メディア

スケジュール

2010年08月24日 13:00 ~ 2010年08月29日 21:00

アーティスト

Goma

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use